RXC of STO-Radical

STO蝮ょ€画ァ・2015_0709-00001.JPG

HOME > RXC

究極のロードリーガル レーシングクーペ


ラディカルRXCはルマン24時間レースで総合優勝するLMP1にインスパイアされたロードリーガル レーシングクーペです。
本物のルマンテイストを公道で経験できる究極のスポーツカーです。

標準のパワートレインはフォードV6 3.5Lツインターボ、Ti-VCT 独立可変カム、マルチポートインジェクションをラディカルのエンジン部門RPEとAERによるエンジンマネージメントによりユーロ5の環境性能を満たしながら高出力と信頼性を確保しています。
フォードV6は重量が軽く、クワイフ社と共同新開発のF1と同様な横置き7速シーケンシャルMT、トルクバイアスLSD付き、と共に採用されることによりSR3と同様な車両重量配分が得られています。
RPE開発のパドルシフトシステムは50msでシームレスなシフトアップとフライバイワイヤーによるオートブリップでヒール&トウなしでシフトダウンできます。

RXCはラディカル初のインボードサスペンションを採用、バネ下重量軽減のためイントラックス社特注4wayダンパーをプッシュロッドにて作動させ、キャンバージオメトリーはGT3スタイルのシム調整タイプです。

ラディカル最大のフロント350mm、リア310mmのフルフローティングディスク、6ポッドキャリパーは17インチセンターロックホイールの中に収められています。

ルマン24時間レースに出走したSR9で得られたデータを下にCADモデリングされたボディーは最高速時に900kgを超えるアンダーボデーダウンフォースを発生します。これらはミルブルック テストコースとMIRA風洞にて開発されました。

シャーシはFIA公認のSRシリーズと同じくロールバーと一体の高張力CDS炭素鋼チューブラースペースフレーム、ヨーロッパ認証衝突試験をクリアするためにノーズとテールにはクラッシュボックスを装備しています。

コクピットにはガルウイングドアを開け乗り込み、AIM MXL マルチファンクションダッシュボードはエンジンの各情報とパフォーマンスを表示。オプションでラップタイム、データ ロギング、データ オーバーレイ・オンボードカメラも装備可能です。ガソリンタンク容量は70L。

シフトパドルがついたハンドルはEPASによりパワーアシストされ、電動調整(曇り止め付き)サイドミラー、熱線入りウインドスクリーン、調整可能なペダルボックス、FIA準拠のバケットシートが装備され、オプションでエアコン、6点式レーシングハーネスも装着可能です。
長さ: 4.2m
高さ: 1.17m
幅: 1.96m
車重: 940kg (dry)

Ford EcoBoost V6 3.5L Ti-VCT 454bhp@6000rpm 500lb ft@3600rpm
0-60mph 加速 2.6s
最高速度 185mph(296km/h)

ダウンロード.jpgrsc_logo_long_sm.jpgST.jpg

究極のスポーツカー Radical
STOは英国ラディカルモータースポーツ社の
日本総代理店です
ラディカルのロゴ等は商標登録済みです
国内でのご利用の際は弊社までご一報ください